インプラント

【インプラントとは】
インプラント治療は欠損した部分に人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を取り付けており、天然歯に近い噛み心地が可能です。
歯科用CTで正確な診断を行い、患者様にあわせてお作りいたしますので、自分の歯のようにしっかりと噛めるようになります。

 

◎インプラントマスターコースを取得しています

 
京セラ FINESIA(ファインシア)インプラント インストゥルメンツ

 

FINESIAとは

京セラの新しく開発された優れたインプラントです

マイクロスレッドが歯頸部に入り、歯槽骨の吸収が生じず従来のPOIに比較して優れています

IMG-6452.JPG

ファインシアオペ

​ファインシアオペの様子

unnamed-2.jpg

ファインシア

​インプラント埋入時写真

unnamed.jpg
 
前歯部インプラント(上顎骨を拡大し埋入)

 

前歯1.jpeg
 
トライアルピンの試適で骨幅が無いため、上顎骨を拡大して埋入しています。
 
ピン:2.2mm
インプラント​:3.4mm

 

前歯2.jpeg
 
ソケットリフトシュミレーション

 

1645332908630.jpeg
IMG_1891.JPG
1645332908624.jpeg
IMG_1892.JPG
1645332908617.jpeg

特徴

フィクスチャー上部にマイクロスレッドを設け、またプラットホームスイッチング(インプラント体の直径よりアパットメント

を細くする)ことで歯肉組織が成長する空間を設け、骨頂近辺の骨吸収を抑制する

kamataniphoto1.jpeg
抜歯〜

嚢胞(のうほう)摘出

後の口腔内画像。​

 
kamataniphoto2.jpeg
インプラントを打つために

は骨量が必要です。

歯根嚢胞(のうほう)

摘出後、前歯の骨を再生さ

​せた画像。
 
インプラントシュミレーション

 

 
画像左上の即時埋入前画像
 
抜歯前

 

 
抜歯後画像
 
埋入後画像
 
(京セラEXタイプによるGBR
 
(骨造成)画像
 
◀様々な角度からスライスした断面画像で歯や顎骨の内部を見ることが可能 

撮影画像は立体的に確認でき、口の中の状態をわかりやすく見ることができます

 

◀コンピューター上で骨密度の診断も可能です。

 

▼インプラントの埋入シュミレーション。▼

 
唇側の骨欠損に人工骨(アパセラムAX)使用

 

 
模型上で口腔内を再現

 

 
インプラント上部構造

 

 
ジルコニアクラウン

 

 
インプラントオペ

 

 
ジルコニアクラウンをSetねじ止め

 

 
インプラント埋入および骨造成後の上部構造です

 

 
矯正治療後インプラント上部構造set

 

 
埋入後のインプラントをCTで確認。 前、横、上から3Dでも外部から骨内まで見る事ができ、立体的に解析。
16278358735552.jpg