CT診断

歯科治療における従来の診断を大きく変えるCTスキャンの導入により、2次元のレベルでの診断が、3次元立体画像でのレベルに変わり、通常のレントゲン写真ではわからなかった部分が、精密・立体的に見ることが可能となりました。

インプラント治療等の精度も飛躍的に向上いたします。

CT診断
 
写真右上の断層図で歯牙の根尖にある丸い塊が歯牙種です。)

 

●親知らずが神経に近いかどうかが三次元的に把握でき、
 オペによる神経麻痺の予測が確実にできます。
 その他、埋伏歯、歯牙腫、骨の状態 副鼻腔の異常なども診断できます。

●インプラントを埋入する場合の骨の状況を容易に調べることができます。
たとえば上顎では上顎洞(副鼻腔)までの距離、骨量 骨密度
下額では三叉神経、動脈との位置関係、骨の幅 湾曲などを三次元的に把握できます。

●オペによる神経麻痺の予測が確実にできます。